【大阪市天王寺区からご来院】 坐骨神経痛の症状でお悩みだった患者様のお喜びの声。

こんにちは、テアシス四天王寺前夕陽ヶ丘 院長の米田 友和です。

患者様よりお喜びの声をいただきましたのでご紹介致します。

患者様は大阪市の天王寺区からお越しの C 様です。

症状としては、座骨神経痛との診断がでており、右のお尻から右足のかけての痛みとシビレで悩んでおられ

病院、整体、整骨院等に通われていましたが改善なく、今回インターネットで当院を探されご来院となりました。

所見で、傾いた身体と肩の高さの左右差、検査で背骨のゆがみと骨盤の傾きが見受けられました。

この点を伝え、『このゆがみが改善すれば治りますよ』っとだけ伝えました。

C 様も少し安心した表情になり、積極的に普段の生活の改善点などを聞いてくれるようになりました。

施術としては、身体の左側の関節が硬くなっており左右差がきつくなっていたので、人間本来の左右対称の形になるように

施術を行っていきました。

3回目頃から、お尻から足にかけての症状の軽減 5回目で症状が10→2

今回8回目になりますが症状が無くなったということで、お喜びの声をいただくことになりました。

 

DSCN0075 img019

 

 

 


症例の最新記事

月別アーカイブ テアシス