【大阪府東大阪市からご来院】 身体のゆがみ・股関節痛でお悩みだった患者様のお喜びの声。

こんにちは、テアシス四天王寺前夕陽ヶ丘 院長の米田 友和です。

今回は、東大阪市の小阪からお越しの U・Y 様からお喜びのお声をいただきましたのでご紹介いたします。

U・Y様のお姉さまからのご紹介で今回ご来院いただくこととなりました。

症状としては、ご自身の身体の『ゆがみ』が気になる事と股関節に違和感と痛みがあるという事でした。

視診では、両肩の高さの左右差が見られ、骨盤から背骨のゆがみを確認でき、ゆがみの原因である手足の左右差

の検査をおこないましたので、テアシスでおこなう独自の調整法をおこないました。

特にU・Y様は身体のゆがみの具合がきつかった為、施術後に身体がだるくなる事が計6回の施術後に現れました。

この現象は、施術後には患者様に説明をすることなのですがこの『ゆがみ』を治す施術後にはこのように身体がだるくなったり、

身体のどこかの箇所に痛みがでたりする事があります、もちろん絶対にではないですが。

それは、ゆがんでいた身体がまっすぐのゆがみのない身体に整った際におこる現象です、それだけ最初の方は身体にとっては

ゆがみのない身体が負担になっている証拠なのです。それはゆがみが改善していく過程で改善していきます。

U・Y様の場合は6回目までは身体のだるさが見られましたが、7回目にはだるさもなくなりそれとともに股関節の違和感や痛みも

なくなり、今では月に1回のペースで身体のケアでご来院頂いております。

img025dscn0099


症例の最新記事

月別アーカイブ テアシス