腰痛の8割は原因がわからない、じゃあどうする?

腰痛驚かれる方が多いのですが、世の中の腰痛の約8割は原因が不明です。
 
これは整形外科学会が発行している「腰痛ガイドライン」というものに明確に書かれています。
 
整形外科では腰痛の多くは原因がわからないんですね。
 
原因がわかるものには、症状名を付けます
 
坐骨神経痛・椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症などなどです。
 
しかしそれはほんの2割の話。残りは原因がわからない。
 
つまり原因がわからないまま、とりあえず治療をしている病院が多いということです。
 
ここでいう「とりあえず」というのは、湿布や電気治療・薬などです。
 
そういう治療で治りましたか?たぶん治らないから、今ここをご覧いただいているのだと思います。
 
腰痛の8割が原因不明なら、一体どうしたら良いのでしょうか?
 

病院では問題にしない「ゆがみ」に注目すること

ゆがみ病院でレントゲンを撮影して、そのレントゲンを見ながら病院で説明を受けます。
 
その時に例え背骨や骨盤がゆがむ(ズレている)としても、病院ではそれは問題としません。
 
ゆがみは問題ではないんです、病院では。
 
しかし身体のゆがみが腰痛の原因であるケースが非常に多いのが現実です。
 
そしてこのゆがみの問題が、原因不明の8割に入ります。
 
なので私達は、病院の検査で原因がわからなかったり、病院の治療で改善しない腰痛の場合は、体のゆがみが問題の可能性が高いということ考えます。
 
そして実際に、身体のゆがみを整えると、身体が変わっていくケースが非常に多いんです。
 

ゆがみは痛みシビレの大元!

手足のゆがみ身体がゆがんでいることが、問題ない状態だと思いますか?
 
骨がズレていたりすることが問題ないと思いますか?
 
普通の方でも直感的に「問題だろう」と思われるでしょう。その直感は正しいと思います。
 
ゆがみがある状態は身体にとって自然ではありません。
 
自然ではないので、それを支えようと身体が頑張りすぎてしまいます。
 
変な筋肉が緊張してしまいます。それが痛みやシビレにつながります。
 
だから、どうにもならないときは「身体のゆがみ」を思い出してください。
 
ゆがみは痛みシビレの大元!原因不明なら、ゆがみを疑うこと!
 


健康コラムの最新記事

月別アーカイブ テアシス