低気圧や季節の変わり目に負けない身体になれます

最近は季節の変わり目の気候の変化が大きくなってきているような感じですよね。

1日ごとに気温が6・7度違うとか、急激気圧が下がってしまうとか。ちょっと身体が追い付きませんよね。

身体が気候に追いつかないというのは、理屈でいうと「自律神経が乱れている」ということです。

自律神経が乱れると、様々な症状が出るので、季節の変わり目に不調で悩む人が続出するわけです。

しかしこうした気候の差でも不調が起きない人もいます。

そしてあなたも、低気圧や気候の差に負けない身体になれるんです。

大きな気候の変化に適応できない自律神経

ゆがみ自律神経というのは自動的に働いてくれていて、人が普通に生きるために頑張ってくれています。

例えば気温が暑くなると、身体に汗をかかせて体温を調整してくれます。これは自律神経のおかげです。

こうしや外的な気候の変化にも自動て対応してくれる自律神経なのですが、気候の変化が激しすぎると対応できなくなって、上手く機能できなくなってしまうのです。

これがいわゆる自律神経失調・不定愁訴というやつですね。

気温差が5℃以上変わる日が続いたり、急激に気圧が上がったり下がったりするとき、自律神経はその変化に追いつけなくなります。

特に身体に歪みがある人は、元々自律神経の機能が弱まっているので、ちょっとした気圧差や気温差だけでも、すぐに不調になってしまいます。

普段から体を整えておくことで、自律神経が乱れない状態を

テアシスプログラムなんで気候の差でも不調が起きない人がいるのでしょうか?

そういう人は、普段から自律神経が安定しているような人です。

運動をしている・身体のケアをしている・規則正しい生活をすることで、常にバランスの良い自律神経になっているので、多少の気候の変化があっても乗り切れるんです。

今、低気圧や季節の変わり目に弱いのであれば、身体のゆがみを整える・そして整った状態を維持していくことで、自律神経を安定させることが出来ます。

頭痛が起きない身体に変わっていきます。めまいに悩まされない身体になっていきます。眠気に負けないようになっていきます。

思い出してください。低気圧の度に鎮痛剤を飲まないと動けないあのツラさを。そうしたツラさをいい加減解決したくありませんか?

低気圧や季節の変わり目に負けない身体になれます、身体のゆがみをきちんと整えていけば。だからテアシス四天王寺前夕陽ヶ丘にお任せください。


健康コラムの最新記事

月別アーカイブ テアシス